白蟻駆除の薬剤には持続期間がある

業者に白蟻駆除を行なってもらえば住宅から白蟻を追い出すことができ、快適な日常生活を再開することができます。しかし駆除を行なった後は予防対策を行なうことで住宅を守り、白蟻被害の再発を防がなければなりません。

白蟻駆除業者が行う防蟻対策

薬剤の効果はどのくらい続きますか?
ホームセンターなどの店舗で購入できる白蟻予防の薬剤は、2年程しか効果を発揮することができません。一方駆除業者の取り扱っている薬剤は効果が優れているため、使用すると5年程の間は住宅をシロアリの被害から守ることができます。なるべく安い費用で長期間予防効果を発揮したい場合は、駆除業者に薬剤を散布してもらうのが最適です。
効果をずっと持続させる方法はありますか?
ケミカル工法もベイト工法もそのまま施工を継続していれば、白蟻予防効果をずっと発揮することが可能です。特にベイト工法は更新する限り保証が永続に利用できるため、長期間白蟻の被害を防ぐのに最も適しています。ケミカル工法は施工の効果が長期間続きますが、予防を継続するには繰り返し施工を行なっていかなければなりません。

環境の改善を考える

白蟻予防を行なう際は同時に自宅環境の改善も行ない、より高い予防効果を発揮できるように対応しましょう。

再び被害に合わないために気をつけること

白蟻は湿気のある場所に住み着く習性があるため、住宅環境を改善する場合は室内に湿気が溜まらないように対処する必要があります。傘立てなどの設備は外に設置し、住宅内に水や湿気が溜まらないように対処するのが最適です。また住宅に外壁塗装を行なっておけば建物の隙間をしっかり埋め、白蟻が侵入する確率を低くすることができます。

TOPボタン